クアラルンプールからバンコク行き方

マレーシアの首都であるクアラルンプールからタイの首都であるバンコクへの行き方を紹介します。

行き方は飛行機とバスと寝台列車の3つの方法があります。

飛行機

時間がないかたやお金がかかってもいい方は飛行機が最もいい方法です。

所要時間は2時間10分ほどでつくことができます。料金は安いものでクアラルンプール~バンコクの往復で1万円ほどからあります。最近は航空券でも格安のが増えてきてとてもありがたいですね。

格安航空だとバンコクではスワンナプーム空港ではなくドムドアン空港に着くことが多いので注意しといてください。

クアラルンプール市内からクアラルンプール空港への行き方

タクシーでのクアラルンプール空港で行く場合は、朝と夕方に渋滞が発生しますのでこの時間以外の利用にしてください。所要時間は1時間程度であり、料金は100~200リンギットくらいです。

次に鉄道を使う場合について紹介します。KLセントラルから空港までKLIAエクスプレスとKLIAトランジットがあります。所要時間は28~35分になります。運航は15~20分間隔であり車内も清潔でとてもいいです。しかし料金は55リンギットと高めなので2人以上で渋滞の時間以外ならタクシーのほうがいいかも。

最後はリムジンバスです。これが最もおすすめの方法です。時間がかかるのが難点です。時間は十分にある、安い方が助かるという方にはおすすめです。ただし、空港からKLセントラル駅への直行バスは30分に1本しかなく、渋滞などがない場合でも所要時間は1時間。余裕をもった移動をおすすめします。料金は10リンギットと最安値です。

バンコクドムドアン空港からバンコク市内

・エクスプレスバス

このエクスプレスバスに乗りBTSの駅まで行く方法が所要時間、料金ともに最も効率的な方法です。A1ばすはモーチットまで30バーツで行けます。ほとんどの乗客はBTSモーチットで降りるのでわかりやすいです。所要時間は20分~40分です。

安宿が多くありバックパッカーの聖地であるカオサン通りに行く人はA4のバスに乗ってください。

・タクシー

タクシーだとホテルなどの目的地まで直接連れて行ってくれるし時間も節約できます。料金は場所にもよるが1000円程度なので日本でタクシーに乗ったと思ったら破格の値段ですね。しかしぼったくりのタクシーもいるのでメータータクシーに乗るか事前に値段交渉してから乗るようにしましょう。ぼったくりにあるとその国が嫌いになってしまいますからね。

バス、寝台列車

私の最もおすすめの方法がハジャイまでバスで行き、ハジャイ~バンコクを寝台列車行く方法です。深夜特急を見て東南アジアに行こうと思った人は1回は寝台列車に乗ってみたいのではないでしょうか。寝台列車はとても快適で疲れることなく目的地へ行くことができます。

クアラルンプール~ハジャイへ

クアラルンプールからバンコクまでの直通バスはないのでまずはタイ南部でマレーシアとの国境沿いの都市であるハジャイへバスで向かいます。

クアラルンプールからハジャイへの料金は55リンギット。

クアラルンプールからタイ行きのバスはクアラルンプールの国際バスターミナル、TBSから出発します。

ハジャイ~バンコク

ハジャイからバンコクまでは寝台列車がおすすめです。

ハジャイに着いたらまずは電車の駅に行き切符を買いましょう。切符はバンコク、2等車ということが言えれば簡単に買うことができます。ハジャイ~バンコクまでの寝台列車は900バーツほどです。

私は当日の切符を取ることができました。そのため当日出発の列車の切符も買える確率は高いのではないかと思います。もし当日の列車が買えなくても1日ハジャイでゆっくりするのもいいのではないでしょうか。

ハジャイは治安が不安というような情報もありましたが非常にのどかな街でありむしろ治安がいいように感じました。

まとめ

マレーシアからタイへは陸続きであり深夜特急でも有名なルートなのでぜひ訪れてほしいルートです。またその際は時間が許すのならば飛行機ではなくバスと電車を利用しゆったりとマレー半島を縦断してほしいです。

東南アジアの方は非常にフレンドリーなのでゆったりと縦断する間に地元のかたと関わりながら旅を続けていくと面白いです。

クアラルンプール観光
はじめに マレーシアの首都クアラルンプールは、マレー・中国・インドの文化がミックスしたエキゾチックな都市です。高層ビルが建ち並ぶ一方で、歴史的建造物やモスク・寺院が混在しており不思議な魅力を持っています。クアラルンプールには、ムル...

コメント

タイトルとURLをコピーしました