切符の買い方 イタリア

id=”イタリアでの切符の買い方”>イタリアでの切符の買い方

イタリアでの切符の買う場所、買い方を紹介します。

 

 

 

駅の窓口

一番間違えがなく、旅行者にとって最も買いやすい方法が駅の窓口での購入になります。買い方としては窓口に行き目的地、人数、出発時間を伝えればOKです。この際は英語で伝えれればいいですが、英語ができないという人はジェスチャーでも十分伝わります。

しかし窓口だと混雑する時間帯は長蛇の列ができていることもありますので、時間に余裕をもっていくようにしましょう。また、大きな駅では、「Freccia(高速列車)」の切符を販売する窓口と、それ以外の切符を販売する窓口が分かれていることがあります。このような場合は、列に並ぶ前に表示がありますので、注意しましょう。

 

切符売り場の窓口は、ローマやミラノなど大都市では遅い時間まで開いていますが、利用者が少ない小さい駅では、日本人の感覚では信じられないくらい、短い時間しか開いていないことがあります。またオープン時間を過ぎるとすぐに窓口を占めてしまいますので、時間はしっかり確認しておきましょう。

 

券売機

イタリアの自動券売機

イタリアの駅にはほぼ100パーセント自動券売機が設置してあります。これは窓口が閉まっている時間でも購入可能です。英語表記に切り替えることもできるので比較的簡単に購入することができますのでぜひ挑戦してみてください。

購入に困っていると親切に教えてくれて最終的にはチップを要求してくることもたびたびありますので、人を疑いすぎるのはよくないですが、日本とは違うということは忘れずにいましょう。また駅にはジプシーもおり券売機操作中のスリなどにも気を付けてください。

旅行代理店

どこにも鉄道切符を売っている店が見つからない!と言う場合に、今まで、常に最後の砦となってきたのが、旅行代理店です。旅行代理店での鉄道切符購入は、今まで2回経験したことがありますが、2回とも、特に手数料は取られませんでした(取られる場合もあると思います)。

2回とも、A4の紙にプリントしたバウチャーを受け取りました。日付と電車が指定されていたため、刻印は不要でした。

旅行代理店は、町中でやみくもに探しても、なかなか見つからないと思います。他に鉄道切符を購入できるお店が見つからない場合は、観光インフォメーションや、地元の人に聞くと教えてくれるでしょう。

予約不要の各駅停車の切符は当日限り有効

イタリアで2016年8月より予約不要の各駅停車チケットは購入の当日しか使えなくなりました。日本ではあたりまえだと思いますが、イタリアは2か月使えるのが普通でした。当日限り有効になっても駅での刻印は必要なので忘れずに刻印してください。わすれると罰金などもあるかもしれないので刻印は絶対に忘れないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました