体脂肪率を減らす方法

はじめに

体脂肪率というと多少太っていると思っている人は気にしているかもしれませんが、やせ型の人は気にしていない人がほとんどではないでしょうか?

体型にかかわらず体脂肪率には注意していただきたいです。やせ型でも体脂肪率が実は高いなんて人もいます。実際私はやせていますが体脂肪率を計ってみると23%でした。

20代だから大丈夫などと甘く考えずまずは測定して現状を確認してみてください。ここでは体脂肪率の減らし方を紹介しますので、健康のためにも老若男女問わず参考にしてください。

体脂肪率とは

体脂肪率とは文字そのままですが体重に占める体脂肪の割合を言います。体脂肪率は一つの指標でしかありませんが、自分が太っているかの参考になる値です。

男性に比べ女性のほうが胸などに脂肪が多いため、標準の値としても男性と女性で差があります。

しかし実際に測定してみると理想はおろか、標準の域を超えて軽肥満~肥満だったという方も少なくありません。

社会人になって運動することも減り、加齢によって代謝が落ちるため、太りやすくなっているのです。

標準の範囲に体脂肪率を収めるためにはこまめに体脂肪率の測定を行い、早めに対策を打つ必要があります。

理想の体脂肪率はいくつ?

男性の体脂肪率
~14歳痩せ:体脂肪率~6%標準(-):体脂肪率7~15%標準(+):体脂肪率16~24%軽肥満:体脂肪率25~29%肥満:体脂肪率30%~
15歳~17歳痩せ:体脂肪率~7%標準(-):体脂肪率8%~15%標準(+):体脂肪率16%~23%軽肥満:体脂肪率24%~27%肥満:体脂肪率28%~
18歳~39歳痩せ:体脂肪率~10%標準(-):体脂肪率11~16%標準(+):体脂肪率17~21%軽肥満:体脂肪率22~26%肥満:体脂肪率27%~
40歳~59歳痩せ:体脂肪率~11%標準(-):体脂肪率12~17%標準(+):体脂肪率18~22%軽肥満:体脂肪率23~27%肥満:体脂肪率28%~
60歳~痩せ:体脂肪率~13%標準(-):体脂肪率14~19%標準(+):体脂肪率20~24%軽肥満:体脂肪率25~29%肥満:体脂肪率30%~

女性の体脂肪率
~13歳痩せ:体脂肪率~14%標準(-):体脂肪率15~24%標準(+):体脂肪率25~33%軽肥満:体脂肪率34~37%肥満:体脂肪率38%~
14歳~17歳痩せ:体脂肪率~17%標準(-):体脂肪率18~26%標準(+):体脂肪率27~35%軽肥満:体脂肪率36~39%肥満:体脂肪率40%~
18歳~39歳痩せ:体脂肪率~20%標準(-):体脂肪率21~27%標準(+):体脂肪率28~34%軽肥満:体脂肪率35~39%肥満:体脂肪率40%~
40歳~59歳痩せ:体脂肪率~21%標準(-):体脂肪率22~28%標準(+):体脂肪率29~35%軽肥満:体脂肪率36~40%肥満:体脂肪率41%~
60歳~痩せ:体脂肪率~22%標準(-):体脂肪率23~29%標準(+):体脂肪率30~36%軽肥満:体脂肪率37~41%肥満:体脂肪率42%~

一覧表を見ても分かる通り、同じ年代でも男性より女性の方が、体脂肪率の平均は高く出る傾向にあります。

これは男性の方が筋肉量が多い事もありますし、乳房やお尻など女性らしい部分を形成するのが脂肪だからというのが理由です。

そのため異性の体脂肪率は参考にはなり得ませんので、計測する際には必ず男性なら男性、女性なら女性の体脂肪率を目安にしてください。

体脂肪はどのように改善できるの?

上記の表をみてあれっ太りすぎてると思った方は多いのではないでしょうか。自分ではやせていると思っていても内蔵脂肪などがついていて実は太りぎみだったりすることもあります。

体脂肪率を減らすためには、適度な運動と食事バランスの2つを両立させる必要があります。

食事を減らすだけでは一時的に痩せても代謝が低いためすぐに元の体脂肪率になってしまいます。また運動だけでは体脂肪率をおとすのには長期間必要になってしまいます。

体脂肪率を減らすための理想的な食事、運動方法については別記事に追って記載しますのでぜひ見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました