eスポーツ大会:優勝賞金500万円が10万円に

未分類

9月15日に東京ゲームショウ2019内で行われたeスポーツ大会「ストリートファイター5」カプコンプロツアー2019スーパープレミア日本大会」において優勝者に提供される予定の賞金500万円が10万円に減額される問題が起こりました。

eスポーツとは

 eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」とも呼ばれ、コンピューターゲームを使った競技を指します。特定のゲームを指して「これがeスポーツだ」と言うことは正確ではありません。イメージとしては、ボールを使ったスポーツを球技と呼ぶのに近い言葉です。

 明確な定義はまだありませんが、最も広い捉え方としては「ゲームで人と競争すること」と言えるでしょう。使用されるゲームのジャンルは、勝敗を争うことそのものがゲーム性となっている格闘ゲームやFPS(一人称視点のシューティングゲーム)といった対戦ゲームが代表的です。ただ、スコアアタックやタイムアタックなど、ゲーム内では直接争わない場合でもeスポーツと呼んでいいのではないかという意見もあります。PCやコンシューマー機など、プラットフォームは問われません。

なぜ今回の問題が起こったのか?

賞金が減額になった原因としては、優勝者である「ももち」さんがプロライセンスを持っていないということにありました。

大会主催者は賞金満額の支払いの条件として、プロライセンスの所持を条件としております。

しかしももちさんはライセンスの受け取り制度を発足当時から拒否していて今回の賞金減額になってしまいました。過去にもももちさんは減額になっており2018年12月にも1度減額になっています。

JeSUライセンスが必要なのか

ライセンスを発行しているJeSUは以前よりライセンスが必要と言っていますが、このライセンス制度は過去から議論になっており、今回の大会の直前に「ライセンス制度は不要」と省庁判断が出ているため今回の騒動が大きくなっています。省庁はライセンス不要と言っており、主催者側は依然として必要と言っているためなかなか問題解決には至らなさそうです。

プロゲーマーという職業は近年になり確立しておりますので、これからしっかりとした基盤を作っていく必要がありますね。

世界ではどうなのか?

ももちさんは世界中のesportの大会に出ており優秀な成績を収め海外では普通に賞金をもらっています。しかも2018年の賞金は約1500万円ですので、海外ではライセンスなんていらないのでしょう。日本の主催者が独自に発行しているものであり、主催者が決めているものなのでライセンスが嫌なら出なければいいという考えもあると思います。

しかし今後esportが日本で広がっていくためにはライセンス制度はなくしたほうがいいのではないかと個人的には思いますね。もしライセンス制度があると世界的な有名プレーヤーなどはわざわざ日本の大会にでないと思うので、有名選手の招待も難しくなってしまいますよね。

ももちさんのような素晴らしい選手が気持ちよく母国である日本の大会に出場できるように仕組みを考えてほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました