シェムリアップ観光

日本でも有名なシェムリアップの観光について紹介していきます。

 

 

シェムリアップ市街地

アンコールワット

日本人が行きたい場所で常に上位にあるアンコールワット。アンコール遺跡群は世界遺産に登録されています。12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教の寺院として30年を超える歳月を費やし建立されました。

シェムリアップ中心部から6.5kmほど離れておりチケットは市街地とアンコールワットの中間らへんのチケットオフィスで売られているのでまずはチケットオフィスに行きましょう。知らずにアンコールワットに向かうと途中でチケットの提示を求められ来た道を戻らなければならなくなります。チケット価格は1日券が37USD、1週間のうちの3日有効券が62USD、1ヶ月のうちの7日有効券が72USDとなっています。チケットセンターの営業時間は5:00から17:30までですが、17:00以降は翌日券を扱っています。

夕陽を無料で見る方法

昼頃にシェムリアップついてサンセットを見たい場合は17:00以降に翌日のチケットを購入すればプレ・ループ遺跡に入って夕陽を見ることができます。

ナイトマーケット

シェムリアップには有名なナイトマーケットが2つありますので紹介します。

オールドマーケット

シェムリアップのメインストリートであるシヴォタ通りからすぐ、ロケーション至便な市場です。朝早くから活気づくあたり「庶民の台所」という表現がしっくりきます。ローカル御用達の大きなマーケットですが、おおまかに鮮魚、野菜、精肉、食堂など、カテゴリーごとに店が固まっているため、観光客も見やすいです。

 

パブストリート

パブストリートとはシェムリアップの中心地にある、長さわずか100mほどのストリートである。
10年前にはここまで賑やかではありませんでしたが、観光地化が進むにつれて発展してきたようです。
通りにはバーやレストランが立ち並び、上にはキラキラとした電飾が綺麗に輝いています。毎日、欧米人を中心に深夜までどんちゃん騒ぎになっています。映画撮影時にアンジェリーナ・ジョリーが通った有名なお店などもあり、昼だけでなく夜も楽しめます。

シェムリアップから2時間以内

ベンメリア

アンコール・ワットに代表される、「アンコール」とは王都という意味。実際に、かつてはクメール王朝の首都があり、その時代に建設された数々の建造物が残っています。ベンメリア遺跡はそんなクメール王朝の遺跡群「アンコール」のうちの一つ。ベンメリア遺跡は、アンコール・ワット建造前の11世紀末から12世紀初頭にかけて造られたと言われており、東のアンコールとも呼ばれています。

天空の城ラピュタ」のモデルにもなったといわれています。

バンテアイスレイ

バンテアイ・スレイは「女の砦」という意味で、10世紀に建てられたヒンドゥー教の遺跡です。規模はそこまで大きくはありませんが、洗練された美しさをもった遺跡です。
赤色砂岩とラテライトが多く使用された外壁は、日に照らされるとその赤色が明るさを増し、独特な雰囲気をかもし出しています。第二周壁に飾られたレリーフもバンテアイ・スレイの見どころの一つとなっています。繊細であるだけでなく、保存状態もよく、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。
この寺院はアンコールでは珍しく王のためではなくブラフマー(創造神)のために建てられた寺院だと言われています。

コーケー遺跡

シェムリアップから北東に約100km行ったところにある遺跡群です。

コー・ケー出身の有力者、ジャヤーヴァルマン4世が王位につくと、王都をアンコールからコー・ケーに遷し、息子のハルシャーヴァルマン2世がその都を継いだと言われています。

しかし、コー・ケーが都として使われていたのは、わずか928年~944年までの16年間だったそうです。

たった2人の王のための王都でしたが、巨大なピラミッド型寺院 プラサット・トムをはじめとした建築技術は素晴らしく、寺院の装飾に使われた躍動感あふれるレリーフや彫刻はコー・ケー様式と呼ばれ、クメール芸術の中でも際立った出来栄えだと言われています。

郊外のコー・ケーから都がアンコールに戻されると、コー・ケーは忘れ去られ、寺院の装飾の多くが略奪されていきます。

最後にはジャングルに埋もれ、長い間放置されていたために建物もひどく崩壊している状態です。

しかし当時の様子がそのまま残る手つかずの遺跡として一見の価値があり、特に35メートルもの高さのプラサット・トムから眺める樹海の眺望は素晴らしいものです。

車をチャーターしてほかのベンメリアやプレアビヒアと合わせていくのがいいでしょう。

シェムリアップから行くべき観光地

プレアビヒア

プレアビヒア

シェムリアップに行った際にぜひ足を運んでほしいのがこのプレアビヒアです。タイ国境にあるためシェムリアップから片道4時間ほどかかりますが訪れる価値はあります。いまはタイ側からは行けずシェムリアップからしか行けないのでぜひいってください。

ここは山の上にある遺跡でそこからの景色は絶景なので訪れて自分の目で確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました